熱狂的な果実たち


 
ケールを無農薬・無化学肥料で栽培している過程、農業に対するこだわりをケールと果物を掛け合わせたの商品でも表現したいと感じました。
原料となる果汁はケールジュースと同じように栄養素を破壊しない非加熱製法、ストレートジュースに限定し、全国の果物農家を駆け巡る。
ここでは、今のケールフルーツに使われている農家さんを紹介します。
 

KALE ORANGE 
ケール×
伊藤農園みかん


伊藤農園は和歌山県の有田みかんを栽培。
みかんの生産量日本一を誇る和歌山県。
古くから栽培が行われていた「有田」は海と山に囲まれており、その山のほぼすべてがみかん畑です。

人が住む平地もみかん畑で、山と町中にみかん畑が広がっています。
伊藤農園のみかんジュースは「素材の「みかん」そのままの甘さと美味しさを楽しんで欲しい。」その想いから、皮や袋の苦み・アクが入らない搾り器を開発しました。

 

もぎたての美味しさをそこなわないよう、果実を半分に切り上からお碗でやさしく押してジュースをつくっています。
ひとつひとつ丁寧に手しぼりする作業は昔から変わることのない製法です。
化学添加物を一切使用せずに“しぼっただけ”“しぼったまま”なので、美味しさはみかんそのまま。

お子様からお年寄りの方まで安心して飲んで頂ける100%ストレートみかんジュースです。

 

KALE PINEAPPLE
ケール×やえやまファームパイナップル


沖縄県石垣島のやえやまファームは
健康な身体は、食べるものから作られる。」
そんな考えから化学肥料、化学農薬を一切使わない有機パイナップルを育てています。


有機農法や畜産に必要な堆肥や肥料は可能な限り自社農場と牧場で作りファームの外から何も持ち込まない、何も捨てないという循環型の農業を目指しています。
沖縄県石垣島の太陽の光をたっぷりと浴びて、自然の恵みだけでつくるパイナップルは安全で安心。
糖分や抗酸化力が高く、ビタミンを多く含みます。
 

KALE APPLE
ケール×青森津軽リンゴ


青森の津軽は言わずと知れたリンゴの一大生産地。
青森県津軽りんご組合では、葉を一枚も摘まず徹底的な味へのこだわりがあります。
葉を1枚も摘まないかわりに【もっともっと味をよくする】
糖は葉でつくられるからです。
葉の陰になった部分は赤色がつかないので、見た目は赤色がまだらになり、全く赤くないりんごもできます。
葉とらずりんごは、見た目よりも味を優先しました。


青森県津軽りんご組合のりんご農家さんは、おいしさとは何かを、りんごを食べてくれる人と一緒に考え、それに応えるりんご栽培をすることが目標としています。
美しい自然の中で、太陽の恵みをいっぱいに受けて育ったみずみずしいリンゴは日本のみならず、世界中の人々を幸せにします。
__
 
通常、野菜ジュースは200mlあたり16-20gの糖分を含んでいるが、ケールフルーツは4-6gと、半分以下の甘さです。
「こだわりのケールと果物の本来の味を活かす」ということに集中しました。
初めて飲む味わいとしては、生命力溢れるケールの味のインパクトに圧倒される方が多いと思います。
飲み慣れるに連れてケールと、フルーツの爽やかな甘みが感じられるようになります。
素材の味を全面に感じられるようなケールフルーツジューズを皆様にお届けします。


KALE FRUITSに戻る